ご挨拶

群馬クリニカルパス研究会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
我々は、群馬県の医療施設に広くクリニカルパスを普及させることを目的に研究会を発足いたしました。クリニカルパスを導入することで医療現場の業務改善はもとより、患者満足感の向上、医療の質の向上や医療安全に有効との報告が多くなされています。クリニカルパスは一度作成すれば済むものではなく、その効果を発揮させるためには、日々の臨床で実践し、バリアンス分析やアウトカム分析を行い、院内で問題点を検討し改定する作業を通して、つまりPDCAサイクルを回すことで、初めて効果が出てきます。本研究会ではクリニカルパスについての臨床研究を推進することで県民の健康に利することに努めてまいります。
これからもご支援の程、よろしくお願いいたします。

群馬クリニカルパス研究会
代表世話人
伊勢崎市民病院 
医療副部長 兼 外科主任診療部長
​保田 尚邦